どちらの治療にするべきか

虫歯や歯周病になると最悪歯が抜けたり、治療のときに抜歯が必要になることも少なくありません。歯の状態が悪化すれば虫歯に侵された部分を処置するのでは厳しくなるからです。しかし、大人が歯を無くすということはもう一生歯が抜けたままとなるでしょう。永久歯は二度と生えてこないので、次は抜けた歯を埋める治療を始めないといけなくなります。永久歯が抜けたときは、堺市などの歯医者にてインプラントや入れ歯などの治療を検討することにでしょう。しかし、それぞれの特徴を知らないと決めるのが難しいですね。ここで特徴を勉強すれば、決めやすくなります。

インプラントと入れ歯の違い

インプラント

治療費用が高く、外科手術を伴います。顎の骨にインプラントをしっかりと固定するため、違和感が少なく自分の歯と変わらずに物を噛むことができます。

入れ歯

インプラントに比べると多少の違和感がありますが、外科手術の必要が無いのですぐに使用することができます。また、保険適用で制作すれば安く手に入れられます。

[PR]
歯周病治療を堺市で実施中
お口の悩みを解消しよう♪

入れ歯のイメージが一新!今までと違う入れ歯とは!?

歯

高性能な入れ歯もある

入れ歯はすぐに外れる、痛い、硬いものが噛めないといったイメージを持たれていました。しかし、埼玉の歯医者ではシリコン製で柔らかいものや、金属床義歯のものを作成することができます。技術が発達したことによって、今までとは比べ物にならないほどフィット感が得られるでしょう。

金属を使用しない入れ歯

部分入れ歯の場合、金属が使用されているのが一般的でした。しかし、金属を全く使用しない入れ歯もあるのです。これなら金属アレルギーの心配もありませんし、装着しても違和感がないでしょう。

入れ歯を作る費用

義歯の一部がシリコンで出来ている総入れ歯なら20万円~、金属で義歯の裏側が作られている金属床義歯なら30万円~が相場でしょう。また、金属不使用の部分入れ歯の場合は20万円~となっています。

メンテナンス方法

入れ歯は自分の歯と同様、洗浄が不可欠です。歯ブラシや洗浄剤を使用して汚れを落としましょう。また、歯石は自分では除去することが難しいので、歯医者でメンテナンスしてもらうといいですね。

入れ歯を作成した人の感想

全然痛くないのに驚きました

私の祖父が入れ歯を使用しているときに痛そうだったので、入れ歯は痛いものだと思っていました。しかし、いざ自分が使ってみると、痛みもなく良く噛めるので感動しました。最近の技術はすごいですね。

[PR]
埼玉で入れ歯治療を実施中!
歯の悩みを解消しよう